大型犬と湘南に移住した自宅兼サロンで暮らすドッグオーナーにインタビュー
犬と暮らす

大型犬と湘南に移住した自宅兼サロンで暮らすドッグオーナーにインタビュー

愛犬家にとって犬は家族として、パートナーとして、喜びや幸せを一緒に共有してくれる大切な存在です。そんな愛犬家のみなさんは、どのように犬とのかけがえのない時間を過ごしていらっしゃるのでしょうか。INUMEG(イヌマグ)では日々の暮らしやライフスタイルにスポットをあて、想いやこだわりについて取材してご紹介していきます。

今回ご登場いただくのは、2年前に湘南へ移住された田子ますみ(40歳)さんとグレート・ピレニーズのさくらちゃん(6歳・女の子)です。東京・深川生まれの田子さんのご実家は、ご両親の代から続く理容室。お店のマスコット犬としても人気者だったさくらちゃんと現在は湘南の地でふたり暮らし。自宅でサロンを経営しながら、犬友さんや愛犬さくらちゃんが繋ぐご縁を大切に楽しい毎日を送られています。「いつも一緒だからこそ対等な関係でいられる」という、おふたりのライフストーリーをお届けします。

愛犬のいきいきとした姿を見て移住を決意

妹さんと理容室を忙しく切り盛りしていた田子さんに突然2週間の休暇が舞い込んだのがちょうど2年前。今まで連休をとることもなかったので、久々にのんびりできる長いお休み。せっかくだからゆっくりしよう、とさくらちゃんと共に、かねてから交流のあった犬友さんに会いに湘南へ。
「自然や緑が多く残る土地だからか、ゆっくり感じる時間の流れなのか、湘南に暮らす犬友さんのワンちゃんたちが長生きしているような印象があったんです」。そして自身が感じた心地良さ、何より海辺を自由にのびのびと散歩するさくらちゃんの生命力あふれる姿を見てこれからの暮らしを考えるきっかけに。その勢いで仕事やライフスタイルの見直しを始め、湘南への移住に繋がったと話してくれました。

大型犬飼育と自宅サロン開業OKな物件探しに苦戦

当初は、辻堂から茅ヶ崎にかけて住まい探しをスタート。グレート・ピレニーズは40キロ以上ある超大型犬なので、物件探しの要となるのは、何よりさくらちゃんが飼育可能であるということ。また引越しと同時にサロン開業も視野に入れていたので、仕事で必要となる器具や水回りの導線などの問題もあり、なかなか条件に合う物件が見つかりませんでした。
最後に、諦め半分で声をかけていた知り合いの美容師さんに「ご希望のエリアではないのですが…」と紹介されたのが、海からもほど近い藤沢市の南部に位置するエリア。都会ではないけれど田舎過ぎない環境は、生まれ育った深川にも似ていて違和感なく馴染めたようです。

人にも犬にも快適で住みやすい住環境

賃貸でありながら自宅でサロン開業OK、さらにインナーガレージ付きのメゾネット物件。「仕事面では1階と2階で完全に分離することで、生活感なくお客様をお迎えできるので理想的でした。自宅サロンにしたことでいつも一緒にいられるから、さくらのストレスも減ったんじゃないかな」。
グレート・ピレ二ーズの性格は温厚な一方で、見張り意識や飼い主を守る意識が強い犬種としても知られています。以前は留守番などで飼い主と離れるとパニックを起こすこともあったさくらちゃん。今は自由に行き来できるガレージや室内どこにいても田子さんの気配を感じ取れるとあって安心して見守っていてくれるようです。
また、気圧に敏感なさくらちゃんは食事やおやつのタイミングもその日の体調や気分で異なりがち。現在は仕事の合間も対応できるので、さくらちゃんのペースで無理なく与えられるようになったそう。取材に伺った日も、天井が高く解放感あるインナーガレージから外を眺めてのんびりと寝そべるさくらちゃんのリラックスした姿が印象的でした。

愛犬さくらが繋ぐお客様との大切な絆

田子さんがご自宅で営む『育毛 頭皮改善スパ&シェービングサロン “Thank you”』のお客さまの約7割は、犬を飼っているのだとか。「犬友さん繋がりや、さくらメインでやっているインスタグラムでサロンのことを知って通い始めてくださるお客さまも」。さくらちゃんがたくさんのご縁を繋いでくれているんですね。
また、近隣の湘南エリアだけではなく、東京をはじめ千葉や茨城などの遠方からのリピーターさんも多く、施術後にはさくらちゃんも一緒に海へ遊びに行くことも。それも楽しみで通っている方もいらっしゃるはず。田子さんの丁寧な施術にプラスして、湘南という地が人も犬も呼び寄せる魅力となってサロンの人気に一役買っているのかもしれません。

ドッグフレンドリーでおいしいカフェも充実

毎朝のルーティンは散歩から始まり、その後は玄関前でのブラッシング。「グレート・ピレ二ーズは抜け毛が多く、毎日欠かせません。海風を感じながらのブラッシングは、さくらも私も心地よいひとときです」。そして仕事が終われば「さくら、海行こう!」と、ふらっと歩ける距離なのも越して良かったと感じる瞬間なんだとか。
休日には、散歩途中にお気に入りのカフェでひと休みするのも楽しみのひとつ。湘南には犬と一緒に行ける、おしゃれなショップやカフェがたくさんあります。サロンにいらっしゃる犬連れのお客さまや犬友さんと一緒に行くときなどは、ドッグフレンドリーでおいしいお店の中から、いつもどこに行くか迷ってしまうそう。犬と暮らすにあたって、ワンちゃん同伴OKなお店が多い土地は魅力的なもの。テラス席で太陽の光を浴びながら、愛犬と一緒に過ごせる空間は飼い主にとってかけがえのないものですよね。

湘南に移住したからこそ得られる幸せな時間

引っ越して2年経つ今も、湘南に移住して良かったと日々感じていると言います。「やはりさくらが自由に過ごせる環境を手に入れられたことが大きいと思います。湘南には海だけでなく、広い公園や山や自然が多いので、大型犬でも思い切り走ったり寝転んだりできる。のびのびと自由を満喫させてあげられる場所って都内では限られていましたから。今の生活は自分もさくらもお互いマイペースでいられるので、より対等な関係になれた気がします。最近はよく周りから『2人でひとつみたいだね』って言われるんです」と照れながらもうれしそうに話す田子さん。
最近親友の愛犬が病気を患い、進行性の癌で亡くなるまでの日々に寄り添う経験をしたのだとか。そのときに初めて犬の介護や看取りを身近なこととして考えさせられたそう。「もちろんまだまだ元気でいてほしいし、ずっと一緒にいたい。さくらと過ごす毎日を当たり前だと思わずに大切に過ごしたいですね」。
飼い主が愛犬にできることを考え、犬と人とがお互い信頼し合って過ごせる毎日を湘南で手に入れた田子さんとさくらちゃん。ふたりの日常にはこれからもたくさんの驚きや発見が待っているに違いありません。

さいごに

今回ご自宅で取材させていただいたのですが、田子さんとさくらちゃんの“付かず離れず”な距離感やふたりの間に流れる雰囲気がとっても心地よく感じました。一緒にいる周りの人たちをも幸せな気分にしてくれるおふたりの湘南ライフが、これからもますます楽しいものであってほしいと願っています。そしてINUMAGのモデル犬も努めてくれることになったさくらちゃん。今後の登場にもぜひご期待ください。

INUMAGでは、愛犬家と犬のさまざまなライフスタイルや生き生きとした暮らしを応援しています。これからも、人と犬とがハッピーでステキな毎日を送るヒントやポイントを散りばめながら、犬好きならではの切り口や視点でご紹介していきたいと思っています。

  • Writer:たかはし ゆか
  • Photographer:森 景子
SHARE

OTHER

  1. INUMAG(イヌマグ)
  2. 犬と暮らす
  3. 大型犬と湘南に移住した自宅兼サロンで暮らすドッグオーナーにインタビュー