「犬の歯磨き」に必要なグッズ選びと正しい知識を身につけよう
歯磨き
Lesson!渡辺トレーナーから学ぶ「犬の歯磨き」

「犬の歯磨き」に必要なグッズ選びと正しい知識を身につけよう

INUMAGでは、すべての犬たちが健康で長生きして、飼い主と一日でも長く楽しく過ごしてほしいという願いから、犬の歯磨き・デンタルケアの重要性に着目。歯磨きコンテンツをスタートしました。(前回の記事『#1「犬の歯磨き」で愛犬の健康寿命を伸ばそう』)
まだまだ歯磨き初心者が多いINUMAG編集部のみんなと、大事な愛犬のために犬の歯磨きについて一緒に学んでいきましょう!

INUMAGで歯磨きを教えてくださる渡辺先生は、神奈川を拠点に活躍されている「Peace&Hope」代表のドッグトレーナー。ご自身の愛犬の歯のトラブルをきっかけに、犬の歯磨きの重要性に着目し、「ドッグデンタルケア.トレーニングソサエティ」という歯磨き団体を立ち上げたメンバーの一人です。

今回は、愛犬に合う歯磨きグッズについて渡辺先生に教えていただきます。
そして、犬の歯磨きグッズを通して、「犬の歯磨きに関する正しい知識」について一緒に勉強していきましょう。

「犬の歯磨き」デンタルケアのグッズについて

◎必要なグッズは!?

犬のデンタルグッズには、歯磨きガムやシートなどさまざまなものがあって何を買ったらいいのか悩みがちです。おすすめのものはありますか?

私の歯磨きレッスンで使用するのは、歯ブラシ一本です。
歯の表面的についた汚れを落とせる歯磨きガムや歯磨きシートなどもありますが、歯と歯肉の隙間の汚れまで落とすには歯ブラシでのケアが一番おすすめです。

◎デンタルケアグッズの効果は?

①おもちゃのロープやぬいぐるみ

遊びながらデンタルケアできるロープや布製ぬいぐるみなどのおもちゃには、噛むことにより歯の表面についた汚れが落とせるものも。ただし、本来犬の歯周病の予防は、歯と歯肉の間のプラーク(歯垢)を刷掃(さっそう)することですので、予防効果は歯ブラシに比べると低いと言えそうです。多頭飼いの場合、一匹でも歯周病の子がいると、常に清潔に洗っておかないと歯周病がうつってしまう可能性もあるそう。ワンちゃんが一匹だけの場合でも、こまめに洗って清潔に管理してあげたいですね。

②固いガムやおやつ

固いガムやおやつも、歯の表面の汚れを落とすと言われ、歯石防止のために与える人が多いアイテム。ですが前述の通り、歯周病の予防は、歯石を予防することではなくプラークを刷掃することです。歯ブラシで歯と歯肉の隙間の汚れまでしっかりとカバーするようにしましょう。
固すぎるおやつは、歯を折ってしまったりすり減らせる原因になることも。ただ、犬には噛む喜びもあるので、その子に合った適切な固さのものを適度に与えれば、噛む欲求を満たすことにもつながりそうです。

正しい歯ブラシの選び方

ワンちゃんに初めて使う歯ブラシはどういうものを選べばいいのでしょうか?また歯磨き用のペーストも一緒に売ってありますが、必要ですか?

まず、ブラシ部分を自分の手の甲に当ててみて、不快感がない柔らかい毛先のものを選びましょう。歯磨きペーストなど味がついたジェルは、最初に歯ブラシに興味を持ってもらうためには使ってもいいですが、慣れてきたら特に必要はありません。基本、水と歯ブラシのみで問題なく磨くことができます。

歯ブラシの選び方

歯ブラシは、犬専用のデンタルブラシも売られていますが、一般に市販されている人間の大人用の柔らかい歯ブラシでも代用ができるそう!慣れるまでは、やわらかい毛先で毛量たっぷりタイプが磨きやすくおすすめです。自分の手の甲にブラシを当ててみて、不快に感じない固さのものにしましょう。

歯ブラシのサイズ

犬の口のサイズに合ったものを選び、なおかつ飼い主が扱いやすいと感じる形のものを選びましょう。ヘッドの形は先細りでグリップがまっすぐなものだと、奥歯までアプローチしやすくて操作性もいいです。犬用のコンパクトヘッドの歯ブラシは、部分磨きに適しているので歯磨きに慣れたら活用を。

※超小型犬は骨格が小さく人間用歯ブラシが口に入らない場合がありますので、犬猫用デンタルブラシをご使用ください。

INUMAG style Dental care
Check Point!

犬の歯磨きに必要な歯ブラシの正しい選び方について、復習しよう!
犬の歯を人間用の歯ブラシで磨くというのは意外だったよね。人間用歯ブラシは犬猫用デンタルブラシに比べて、歯ブラシの固さやヘッドの形も種類豊富なので、使いやすいお気に入りの歯ブラシを見つけてみようね!

歯ブラシの固さは?⇒やわらかくて毛量のあるものを選ぼう!
歯ブラシを自分の手の甲に当ててみて、不快に感じないような固さのものを選ぼう。
歯ブラシのサイズは?⇒その子のお口の大きさに合ったものを選ぼう!
一般的に市販されている人間の大人用歯ブラシでOK!
小型犬から大型犬(超小型犬以外)まで、人間用の歯ブラシのサイズで磨けるよ。
歯ブラシのヘッド&グリップは?⇒ヘッドは先細りでグリップはまっすぐなものが◎
先細りになった歯ブラシヘッドは、奥歯までしっかり届いて汚れを落とすことができるよ。

さいごに

今回は、犬の歯磨きに必要なデンタルケアグッズと正しい知識についての勉強でした。
歯ブラシ一本で始められる犬の歯磨き。まずは、ワンちゃんと飼い主にぴったりの歯ブラシを選び、犬がその歯ブラシを受け入れてくれるようになることから始めましょう。デンタルケアについても正しい知識を身につけて、愛犬とのハッピーライフにつなげていきたいですね。

次回は、「犬の歯磨き、まずはここから練習してみよう!〜超初心者編〜」。いよいよ実践編がスタートです。お楽しみに!

  • Writer:おおくぼ あい
  • Photographer:太田 理恵

渡辺トレーナーから学ぶ「犬の歯磨き」

SHARE

OTHER

  1. INUMAG(イヌマグ)
  2. 歯磨き
  3. 「犬の歯磨き」に必要なグッズ選びと正しい知識を身につけよう